PIAGGIO   VESPA   PX125E T5        Sold out
PX125E T5 

トータルオーバーホールのPX125E T5のご紹介です。

本国のT5人気はもちろん、日本国内でもスポーツヴェスパのレジェンドとして語り継がれるモデルです。
タイムリーな話題ですが「SCOOTERING」最新号に10ページにも及ぶ特集が組まれているのは、やはり登場から25年余り経った今でも色褪せない人気の表れなんでしょうね。

国内での流通が非常に少なかった車両ですので、通常であればフルオーダー用のストックとするのですが、今回はT5のイメージカラーであるレッドの退色具合がまさにヴィンテージスクーターの貫録を放っていましたので、取りあえず外装はオリジナルのまま、機関オーバーホールにあわせ改良を加えての販売といたしました。

まず、シリンダーはキットを用いて172ccに拡大、ヘッドも合わせてスキッシュを加工、ギア比はオリジナルとPX200の中間位に設定、マフラーはノーマルと全く同じルックスのシトーを選択。

パワーを上げた事に対応させて、クラッチハウジング加工、強化クラッチへの変更。


キャブレターはノーマルを使用しつつ、ボディーの加工・フロート室の改造・ジェット類の交換で対応させてありますので、分離給油のままの使用が可能です。

また、セルスターターもそのまま使用出来るようになっております。
その他、操作系ワイヤー・電装・足廻りはノーマルのまま整備しなおしました。

正直、不動車持ち込みで同様のメニューで作業をするとなると、この車両価格位は費用がかかるので非常にお買い得な一台と思います。
もちろん、追加オプションとしてフルオーダースペックにすることも可能ではございますが、まずこのヤレ感を楽しむのも良いのではないのでしょうか。

スポーツするためのVESPA、他のタイトルが浮かばないほど「楽しめるスクーター」。

次はいつ入庫があるかわからない希少車です、是非この機会にお求めください。

Copyright© ARANCIATA All Rights Reserved