INNOCENTI LAMBRETTA TV175 ser2(1960)   ARANCIATA
model: INNOCENTI LAMBRETTA TV175 ser2(1960) 
price:   ¥950,000

1960年製のTV175が入荷いたしました。

イギリスにてレストアされたものを購入したと聞いております。
どのような保管状態であったのか、詳しくは伺っておりませんが、錆等は少ないほうかと思います。

当店入庫直後、レストアベースにするか、はたまたこのまま仕上げるか熟考した結果、
期間限定でこの仕様のまま販売して反響がない場合はレストアしようと決めました。

各部全分解からスタートして、フレーム(スタンドクロスメンバ)修正・矯正から始め、回らないボルト・ナット等は切断して交換、
ワイヤー類・ハーネスは新品に交換して正規の位置に固定し直し、エンジン・フォーク・ブレーキ回りもフルオーバーホールしております。
また、製作当時の時代背景も思い出しながら、交換したいんだけどインド製の部品しかなかったような箇所は現在入手できる当時より信頼できるもの、
または良い見た目のものに交換いたしました。

エンジンの使用に関しましては、内部はクラッチスプリングの強化以外はフルノーマル、キャブレターはケイヒン製のものに交換済みだったため、
マニホールドや周辺パーツを見直してケイヒン製PE24を生かし、インド製のCDIキットはBGMのものに換装。

チープなインド製のクラブマンマフラーも処分して、性能も良く排気音も抑えたスクートピアのクラブマンマフラーへと変更しました。

キャブセッティングも含め、既に数百キロのテスト走行も終えましたが、トルクを損なうことなく、
しなやかに加速する、扱いやすくてスポーツ感もあるエンジンに仕上がりました。

なお外装に関しましては、covolo製シート、Fiaam製フットボードエクステンション、Vigano製サイドパネル飾り(スーパースポーツ)、
同じくFalbo製フライドエッグ等は、リプロではなくオリジナルのものが付いております。

前述しております通り一定期間様子を見て声がかからない場合は、レストアベースとして改めて分解いたします。
更には、外装のパーツ等々は付加価値として価格に加算しない考えです。

*これも付加価値として考えてはおりませんが、グローブボックスのフラップに英国のバンド オーシャン・カラー・シーンのギタリスト 
スティーヴ・クラドック氏の直筆サインが入っております。

なお、全体的に塗装のヤレや後退・割れ・剥がれ、メッキの剥がれ・錆等御座います。

是非来店頂いた上、現車をご確認くださいませ。

Copyright© ARANCIATA All Rights Reserved